SalesianosdeSarriàでのPOSプロジェクトのプレゼンテーション

19年2017月XNUMX日

からの企業のグループ グラフィックアート の専門家 包装 y PLV XNUMX月上旬に学校で会った サリアのサレジオ会、高等教育サイクルの学生のPOSプロジェクトを評価する デザイン 印刷物やマルチメディア出版物の出版。

これらのプロジェクトは、教育革新プログラム内の学校で実施されているプロジェクトベースの学習(PBL)方法論を使用して実行されています。 ABP手順の重要なフェーズのXNUMXつは、提示されたプロジェクトの評価です。

教師は生徒に仕事のニーズに合わせた課題や問題を与えました。選択した都市に関連する地元の製品の出展者としても機能する、世界中の都市や地区を宣伝するPOS要素の設計と構築です。 補完的な要素として、POSにはビデオを表示するための画面が含まれている必要がありました。 使用できる材料は、紙のサポートと粘着ビニールに限られていました。

この行為は、次の貢献と専門家による評価の重要性を強調した名誉あるディレクター、ホセ・アバスカルの歓迎から始まりました。 Pau Navarro、ADIFA-PLV社長、スペイン、ポパイ、Miralles Cartonajes; JoséLuísHernández、Zedis; マーク・ザウディエラ、ディスメ; ラファエル・ゴンザレス、アデコ; DaniMuñoz、ロジックデザイン; FerranEsturgóLOGIC-DESIGN; デビッドプチ、ESKO; Amadeu Maurel、ESKO; デビッドサンタマリア、ラテラルブランディング; とAleixRavetllat、 News Packaging.

@MaicaPackaging
@news_packaging

シェア

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

      
WinterCompanyスペイン
CGを解く
ラモンクレメンテ、SA
プラスチックスフアレス
PCM-パッケージングカラーマニュファクチャリング、SL
Sampling Innovations Europe、SL
UPMRAFLATACIBÉRICA
MPOインターナショナル
Costertec、SA
アデコ
フロスティ
セリパファー
翻訳する»

X