サステナビリティ

VerescenceはVerreInfini®20でPCRガラスの生産を拡大

VerescenceはVerreInfini®20でPCRガラスの生産を拡大

Verescenceは、「Verescence 2022-Forming The Future」戦略の一環として、PCR(リサイクルガラスとポストコンシューマーリサイクル)を世界的に拡大することを目的として、新しいガラス組成物であるVerreInfini®20(Infinite Glass)の発売を発表しました。 。 PCRガラスの使用のパイオニアであるVerescence..。
廃棄物回収プロセスの影響を測定するための再循環プラットフォーム

廃棄物回収プロセスの影響を測定するための再循環プラットフォーム

ビスカヤのスタートアップリサーキュラーは、企業が実施する廃棄物回収プロセスの環境的および社会的利益を計算するための革新的な影響測定プラットフォームを立ち上げました。 CO2排出量(カーボンフットプリント)を削減し、水消費量(ウォーターフットプリント)とエネルギーを削減するための指標の計算
メッツァボードがサーキュラーエコノミーおよび品質賞を受賞

メッツァボードがサーキュラーエコノミーおよび品質賞を受賞

メッツァグループの一員であるメッツァボードは、Laatukeskus ExcellenceFinlandの評価でフィンランドサーキュラーエコノミー賞とフィンランド品質賞の両方を受賞しています。 サーキュラーエコノミー賞は、今年初めて授与されました。 品質賞とサーキュラーエコノミー賞はどちらもモデルに基づいています...
持続可能なエアレスディスペンサーと単一材料ポンプ

持続可能なエアレスディスペンサーと単一材料ポンプ

AirlessioとCairoは、BomoTrendlineがエコロジー認証を取得した容器として標準範囲にある100つのエアレスディスペンサーです。 モノマテリアルPP製の環境にやさしいローションポンプが新たに加わりました。 XNUMX%リサイクル可能なパッケージのセレクションです。 カイロエアレスディスペンサーは持続可能で...
ヨーロッパの消費者の6人に10人は、持続可能性はビジネスに依存すると考えています

ヨーロッパの消費者の6人に10人は、持続可能性はビジネスに依存すると考えています

35人以上の消費者を抱える35.000か国で実施されたKantarFoundation Sustainability Studyによると、持続可能性は消費者の心に非常にあります。 この調査はまた、変革が機関の規制の推進とブランドから生み出されたイニシアチブによって主導されることを明らかにしています。 実際、6つのうち...
Paper Lid CompanyとMetsäBoardは、リサイクル可能な段ボール製のカップ蓋を提供します

Paper Lid CompanyとMetsäBoardは、リサイクル可能な段ボール製のカップ蓋を提供します

フィンランドの会社であるThePaper Lid Companyとメッツァグループの一員であるMetsäBoardの長期的な協力により、テイクアウトカップで使用する100%リサイクル可能な段ボール製の蓋が開発されました。 完全にリサイクル可能な分散バリア段ボールで作られた蓋は、飲料での使用に適しています...
カートンプラストイベリアが第XNUMX回サステナビリティアワードを受賞

カートンプラストイベリアが第XNUMX回サステナビリティアワードを受賞

写真:カートンプラスト。 CartonplastIbéricaは、マドリードで開催された25周年記念ガラで、第XNUMX回サステナビリティアワードの受賞者を発表しました。 これらの賞により、同社は、環境へのプラスの影響を生み出すことに最も貢献している、そのセクターの企業(パートナー、サプライヤー、顧客)を表彰する予定です。 "私たちのために ...
テトラパックは、世界のCO2排出量を19%削減します

テトラパックは、世界のCO2排出量を19%削減します

テトラパックは2020年を締めくくり、その年に設定された気候目標を達成しました。それは、大気中へのCO2排出量をバリューチェーン全体で2010年に収集されたレベルまで削減することです。 実際、同社は、ビジネスの成長を経験したにもかかわらず、世界全体で総排出量を19%削減することができました(スコープ1、2、3)...
Aimplasは第XNUMX回国際プラスチックリサイクルセミナーを開催します

Aimplasは第XNUMX回国際プラスチックリサイクルセミナーを開催します

プラスチックのリサイクルは、プラスチック産業の主要セクターになるために、近年注目を集めています。 プラスチック技術研究所であるAimplasは、1月2日とXNUMX日に、プラスチックリサイクルに関する国際セミナーの初版をハイブリッド形式で開催しました...
GSEはPrethinkInkと提携して、水性インクを進歩させています

GSEはPrethinkInkと提携して、水性インクを進歩させています

写真:AnneLourensマネージングディレクターGSEDispensing。 インクロジスティクスのスペシャリストであるGSEは、水性インクの採用を促進する印刷業界のサプライヤグループであるPrethink Inkネットワークに参加することで、フレキシブルパッケージの環境への影響を軽減するための専門知識をもたらします。 現在、...
      
翻訳する»

X