セビリア大学と富士通がプロジェクト推進協定を締結

25年2014月XNUMX日

富士通のジェネラルディレクターであるアンヘレスデルガドとセビリア大学の学長であるアントニオラミレスデアレラーノは、今後XNUMX年間のコラボレーション契約に署名しました。その一般的な目的は、価値のある要素の創造を促進することです。教育、研究、イノベーションのエコシステム、社会変革の手段、地域開発と国際化の戦略的極を統合することを可能にします。
このため、両事業体は、この戦略的協力の結果として付加価値を提供することを目的とした革新的で競争力のあるイニシアチブを実行し、品質、効率、大学教育を改善するソリューションを提供し、知識の変換を改善して競争力を高め、革新。 さらに、エネルギー、環境、バイオテクノロジー、通信とモビリティ、輸送、航空宇宙、観光などの主要分野でアンダルシアテックインターナショナルキャンパスオブエクセレンスと協力します。
この協定は、12の基本的な目的の開発に基づいており、その中には、エネルギー、環境、バイオテクノロジー、通信、モビリティ、輸送、航空宇宙、および観光; 健康とIサービスの枠組みの中で、スマートシティを構築するための、社会とICTサービスの分野における革新的なソリューションの開発計画の作成。その中には、人を中心としたソリューションが含まれます。+ D + i。

シェア

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

      
アデコ
MPOインターナショナル
メタリコプラスチック、SA
アルグラス、SA
リアサ・ラ・インダストリアル・アルゴドネラ
Sampling Innovations Europe、SL
ギャロフ
Lecaグラフィックス
セリパファー
Zフォーム
私たちはアクティビスト、SLです
インダストリアルBI
翻訳する»

X