会議「循環経済の枠組みにおける包装部門の課題」

22年2014月XNUMX日

バルセロナで開催された会議「循環経済の枠組み内での包装部門の課題」は、カタルーニャ大学、ESCI-UPF国際ビジネス、BIPバルセロナ包装・包装研究所が主催しました。クラスターとエコエンブ。
当日はXNUMX名を超える参加者、講演者、セクターの重要企業の代表者が参加し、循環経済の概念に関連するさまざまなポイントが議論されました。 廃棄物の発生を減らし、それを資源として利用するために、リサイクル社会に基づくEUを「循環経済」に変える戦略が特定されると、業界による行動の方法についての議論が始まります。コンテナ。
バルセロナの産業技術者大学の包装委員会の会長であり、BIP / LeitatのマネージングディレクターであるManelBertomeuは、出席者を歓迎し、日中に議論される主要なトピックとそれに参加した各講演者を発表しました。
ユネスコのライフサイクルと気候変動の議長(ESCI-UPF)の廃棄物ラインの責任者であるアルババラは、参加者を循環経済の理論的枠組みに置くことから一日を始めました。 ヨランダ・モルシージョは、カタルーニャ廃棄物局の予防部門の技術者として、アルバの説明を補強しました。 Esther Colinoは、Ecoembesの欧州問題および立法監視のマネージャーとして、2013年の予防データを提示し、とりわけ、循環経済への変化を促進し、エコデザインを促進するためのいくつかのガイドラインを説明しました。 廃棄物と責任ある消費の防止のための財団の研究コーディネーターであるVictorMitjansは、「Residu Zero」の戦略を紹介しました。つまり、再利用、リサイクル、または堆肥化できないものを生産しないことです。
次に、Manel Bertomeuが司会を務める円卓会議があり、Xavier Closa、Local R&D Laundry and Home care、Henkel Iberia、SA Oriol Aran、I + D、Font Vella /LanjarónSAVictorOlivaが参加しました。 、R&Dマネージャー、GCRグループ。 円卓会議の目的は、実際の経験を共有し、循環経済モデルの組み込みが包装業界にもたらす課題、困難、および機会について話すことでした。

シェア

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

      
インダストリアルBI
リアサ・ラ・インダストリアル・アルゴドネラ
Sampling Innovations Europe、SL
CGを解く
MPOインターナショナル
アデコ
Lecaグラフィックス
モノマーテック
私たちはアクティビスト、SLです
メタリコプラスチック、SA
クワッドパック
WinterCompanyスペイン
翻訳する»

X