PlasticsEuropeが環境省と協力協定を締結

11 8月2014

プラスチック原料のヨーロッパの製造業者を代表する協会であるPlasticsEuropeは、農業食品環境省と協力協定を締結しました。

この協定は、環境担当国務長官のフェデリコ・ラモスとイベリア地域のプラスチックヨーロッパの総局長であるマヌエル・フェルナンデスによって開始されました。 この協定の枠組みの中で、両事業体は、資源の効率的な使用とプラスチック廃棄物の最大限の使用を促進することによって持続可能性を促進することを目的としたプロジェクトの定義と開発に協力します。
プラスチックの価値を無駄にして埋め立て地に捨てることは、高発熱量のおかげで高品質のリサイクル材料に変換されたり、代替エネルギー源として使用されたりする可能性を利用できないため、廃棄物管理の持続可能な選択肢ではありません。 。 このため、PlasticsEuropeは、「2020年までに埋め立て地でプラスチックをゼロにする」というイニシアチブに何年も取り組んできました。
この合意によれば、経済成長と廃棄物発生の増加との間の既存の関係を切り離すことを可能にする手段の開発が優先事項である。 それは、廃棄物を資源と見なし、サーキュラーエコノミーに移行することです。 このように、合意は、廃棄物政策がこれらの生産と管理におけるヒエラルキーの原則によって導かれなければならないことを強調しています。 これは、最初の選択肢として予防を意味し、その後に再利用の準備と高品質の機械的リサイクルが続きます。 技術的、経済的、または環境的観点から前のXNUMXつの選択肢が不可能な廃棄物については、プラスチックの高い発熱量を考えると、最も持続可能な解決策はエネルギー回収であると合意は認めています。

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

翻訳する»