メッツァ・ボアルドがスウェーデンで新しい押出コーティングラインを開始

1年2017月XNUMX日

  その開始を発表します 新しい押出コーティングライン その中で フースム工場 スウェーデンで。 最先端の、それは約100.000万トンの年間容量を持ち、38万ユーロの投資に相当します。 同じ場所で、メッツァ・ボアルドは270.000万トンのスムースボードマシンを運用しており、ヨーロッパで最も近代的で、2016年初頭に年間400.000万トンの生産能力で生産を開始しました。

現在最初の注文を出している新しい押出コーティングラインは、世界の食品市場にサービスを提供します。 ザ・ カートン メッツァ・ボアルドのPEライナーは、製品の安全性、純度、保護を提供することにより、外食産業市場の厳しい要件を満たしています。 バージンウッドファイバーと再生可能ファイバーから作られたカートンは、カップ、プレート、その他のテイクアウト食品包装、および冷凍食品包装用のプラスチックの好ましい代替品です。 カートンは、他の消費財やフードサービスのパッケージにも大きな価値を提供します。 現在、PEは、食品包装および外食産業用包装の最も一般的な水分および水分バリアです。

「新しいPEコーティンググレードの開発では、段ボール製造における長年の経験と最新の技術を組み合わせて使用​​してきました。 Husumには統合された施設があり、これは明らかな利点です。 製材所の近くで木材を調達し、港の近くという絶好のロケーションにある同じ施設でパルプ、段ボール、押出成形ボードを製造しています。 これにより、輸送を最小限に抑え、私たちとお客様にとって重要なサプライチェーンの効率と持続可能性を向上させることができます」とCEOのJoukio氏は述べています。

@MaicaPackaging
@news_packaging

シェア

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

      
CGを解く
フロスティ
アルグラス、SA
パプティックオイ
MPOインターナショナル
セリパファー
アデコ
プラスチックスフアレス
私たちはアクティビスト、SLです
テセム
Sampling Innovations Europe、SL
ラフェサ
翻訳する»

X