ONCEは、アクセシビリティに関する作業のためにPACKNETにクーポンを捧げます

25年2016月XNUMX日

コンテナとパッケージングのためのスペインの技術プラットフォーム(パックネット)クーポンに主演 ONCE 21月XNUMX日。 このイニシアチブは、点字ラベリングなどの新しいテクノロジーの使用により、障害を持つ人々がすべてのパッケージにアクセスできるようにする必要性についての認識を高めることを目的としています。

実際、ONCEとPACKNETが推進するイニシアチブ「Containerfor all」は、高齢者など、視覚に問題のあるある程度の障害を示すグループによるコンテナの取り扱いのニーズや問題を特定することを目的としています。または移動性が低下していると同時に、革新的なソリューションを提供できるようにするために、コンテナおよびパッケージングセクターのさまざまな科学技術エージェントのコラボレーションを促進します。 プラットフォームは、コンテナとパッケージにアクセスできるように、パッケージの処理におけるソリューションを提供するための技術革新を促進します。

 スペイン全土でXNUMX万枚のクーポンが点字でのラベル付けの重要性を知らしめ、障害を持つ人々のパッケージのアクセシビリティにおける革新的なソリューションを提供できるようにするためにPACKNETによって実行される作業を促進しました。

ONCEのパーソナルオートノミー、ケアフォーザエルダーリー、ユース、レジャー、スポーツのディレクターであるアンヘルルイスゴメスブラスケスは、このクーポンのレプリカを、スペインのコンテナおよびパッケージング技術プラットフォーム-PACKNETのディレクターであるベレンガルシアに渡しました。

レタリング 点字 消費財とは、製品が何であるかを自分で読むことができ、日常生活の中でより自律的になることによって、視覚障害を持つ人々の自律性を促進することを意味します。 このため、ONCEは タグ付き 点字では、スペインの点字委員会が取り扱っている問題です。この委員会は、一連の特殊性と技術的な問題について点字のテキストにラベルを付けたいブランドや企業に通知するための文書を作成しました。

とりわけ、このドキュメントでは、点字と点字のサイズが、触ると判読できるようにする必要があることを説明しています。 異なるサイズの点字を同じコンテナに混在させることはできません。 または、イタリック、下線、太字などの視覚的文字に使用される活版印刷リソースを点字で使用できないこと。 また、印刷技術(ドライスタンプ、キャスト、またはソリッド点字)についても通知します。 QRコードなどの新技術によるラベリング。視覚障害者が自分のいる場所を認識し、適切に画像をキャプチャできるように、浮き彫りにマークする必要があります。

 

シェア

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

      
セリパファー
フロスティ
パッケージングクラスター
プラスチックスフアレス
インダストリアルBI
ラモンクレメンテ、SA
リアサ・ラ・インダストリアル・アルゴドネラ
クワッドパック
UPMRAFLATACIBÉRICA
WinterCompanyスペイン
私たちはアクティビスト、SLです
MPOインターナショナル
翻訳する»

X