メッツァリートグループのバイオプロダクツ工場は2017年XNUMX月に操業を開始します

28年2017月XNUMX日

の大規模プロジェクト メッツァグループ フィンランドのアーネコスキでは、開業に向けて計画どおりに進んでいます。 バイオプロダクツ工場.

工場は2017年2017月中旬に操業を開始し、パルプの注文はXNUMX年XNUMX月初旬に新規顧客に配布され始めます。アーネコスキの現在のパルプ工場は、バイオ製​​品工場が操業を開始すると閉鎖されます。

新しい廃水処理プラントは、アーネコスキの統合施設からの廃水ですでに稼働を開始しています。 今後、新工場開設後の施設からの排水は、バイオプロダクツ工場からの排水も含め、すべてこの処理場に到達します。 その最新技術により、バイオプロダクツミルは既存のパルププラントの許容限度を満たすことができますが、バイオプロダクツミルはほぼXNUMX倍の量のパルプを生産します。

現在の工場からのパルプを使用したバイオ製品工場の新しい乾燥機のテストサイクルはすでに開始されています。 この新しいマシンはXNUMX月の初めに稼働します。

@MaicaPackaging
@news_packaging

バイオプロダクツ工場は約1,3年で名目能力に達するでしょう。 工場は年間XNUMX万トンのパルプを生産します。 さらに、それは他のバイオ製品を生産します。

シェア

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

      
プラスチックスフアレス
CGを解く
WinterCompanyスペイン
パプティックオイ
UPMRAFLATACIBÉRICA
ギャロフ
モノマーテック
ラフェサ
セリパファー
アデコ
メタリコプラスチック、SA
Costertec、SA
翻訳する»

X