Hinojosa Pacsは、水の消費量を30%削減するプロジェクトを開始しました

2年2019月XNUMX日

ADASA、E21、革新的なビジネスグループのCWPおよびパッケージングクラスターと協力して、日野条佐パックス工場では、工場で使用される水の使用と管理を改善することを目的として、R + D + iプロジェクトを開始しました。インクの生産に必要なだけでなく。

このプロジェクトで設定された目標は、消費量を30%削減し、処理水の再利用率を100%にし、プラントでの排出量をゼロにすることです。 このため、水の使用を制御する監視が最適化され、いわゆるインダストリー4.0のツールが使用されて

また、2018年中日野条佐では、包装工場で発生する廃棄物の最大100%を製紙工場の原料として再利用し、お客様が購入した段ボールの44%をFSCシールで認証しました。 。

シェア

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

      
Lecaグラフィックス
セリパファー
テセム
リアサ・ラ・インダストリアル・アルゴドネラ
インダストリアルBI
プラスチックスフアレス
ZFoam
MPOインターナショナル
メタリコプラスチック、SA
モノマーテック
CGを解く
パッケージングクラスター
翻訳する»

X