バルセロナは「フラフープ-サーキュラーデザインの経験」を発表

17年2018月XNUMX日

17月21〜19日の週、バルセロナはCradle toCradleコミュニティ向けの国際イベントを開催します。 XNUMX月XNUMX日、BCDバルセロナデザインセンターがイニシアチブを開始 フラフープ体験-サーキュラーデザイン体験、サーキュラーエコノミーとデザインに関するさまざまなアクションをまとめたものです。 これに合わせて、CradletoCradle®ProductsInnovationInstitute(C2CPII)とBCDのコラボレーションによるEco Intelligent Growth(EIG)がイニシアチブに参加し、バルセロナで初めてサーキュラーエコノミーに焦点を当てた会議を開催します。

「フラフープ体験」の日は、業界とデザインの専門家に開かれた3つのワークショップから始まります。 ワークショップは、サーキュラーエコノミーにおける製品とシステムの設計のためのクレードルからクレードルへの認定™プログラムの基準の適用に取り組みます。 これらは、ファッション、建設、パッケージングの3つの軸で開発され、C2C®基準の実際の適用事例で機能します。 そして午後には、BCDが主催するフラフープスペースが始まります。これは、プロジェクトと循環イニシアチブの待ち合わせ場所です。

BCDバルセロナデザインセンターが2018年サービスデザインデーに参加

BCDは、2018月5日と6日にBCD本部のDisseny HubBarcelonaで開催されるXNUMX年版の組織に参加するServiceDesignDaysイベントの主催者と合意に達しました。 イベントの目的とテーマはBCDの戦略と完全に一致し、デザインの分野でバルセロナの首都を強化します。 近年、デザイン思考がビジネス部門でどのようにフォロワーを獲得しているかを見てきました。デザイン部門にのみ留保されているように見えたものが、マーケティング、デザイン、イノベーション部門の間で共有される戦略であり、さまざまなセミナーや会議ビジネスのテーマになっています。 。

シェア

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

      
リアサ・ラ・インダストリアル・アルゴドネラ
メタリコプラスチック、SA
クワッドパック
ギャロフ
フロスティ
Sampling Innovations Europe、SL
アルグラス、SA
WinterCompanyスペイン
モノマーテック
アデコ
ラフェサ
プラスチックスフアレス
翻訳する»

X