AIMPLASは、柑橘系の果物や軟体動物の生分解性メッシュに関するヨーロッパの最高のプロジェクトで賞を受賞しました。

14年2014月XNUMX日

プラスチック技術研究所(AIMPLAS)は、ECOBIONETプロジェクトの枠組みの中で、農産食品用の生分解性メッシュの開発に関するイノベーションのカテゴリーで、バレンシアコミュニティ2013のヨーロッパで最高のプロジェクトに対して賞を受賞しました。

ECOBIONETプロジェクトへの参加のおかげで、AIMPLASは、柑橘系の果物、ジャガイモ、タマネギ、軟体動物を包装するための革新的なメッシュの開発に成功しました。これは、従来のものとは異なり、リサイクルのために有機性廃棄物から分離する必要がありません。 新しいメッシュは生分解性で堆肥化可能であるため、家庭と商業表面の両方で発生する残りの有機廃棄物と一緒に堆積する必要があります。 産業用堆肥化の条件下では、ネットはXNUMXか月以内に植物の堆肥になり、含まれていた製品の作物サイクルに組み込まれます。
AIMPLASによって開発された生分解性メッシュは、ジャガイモ、ニンニク、タマネギから、柑橘類や野菜を含む甲殻類や軟体動物まで、パッケージングのすべての機能要件を満たしています。 市場に出回っているすべてのバリエーションで製造できるほどです:配向押し出しメッシュ(製品が内部にある状態で元の形状を維持するもの:ニンニクや軟体動物など)、非配向押し出しメッシュ(柑橘系の果物、ジャガイモと多種多様な果物と野菜の製品)とこれらのメッシュをフィルムと組み合わせます(製品を見て呼吸できるように設計されていますが、残留物やほこりが容器から落ちるのを防ぎます)。

シェア

あなたは読み続けることに興味があるかもしれません...

      
WinterCompanyスペイン
UPMRAFLATACIBÉRICA
ラモンクレメンテ、SA
インダストリアルBI
テセム
アデコ
CGを解く
セリパファー
パッケージングクラスター
PCM-パッケージングカラーマニュファクチャリング、SL
Lecaグラフィックス
メタリコプラスチック、SA
翻訳する»

X